FC2ブログ

①スキ者同士・1話「寸止めの快感」

今日、卓也さんという方と会う約束をしちゃたんです。

午前中に、初めて登録した出会い系サイトで知り合った男性です。


先日、私の友人の絵里にこのサイトを教えてもらって、興味本位で登録したら思っていたよりたくさんのお返事を頂いたのですよ。

びっくりだわ。

その中で、卓也さんに一番魅力を感じたんですね。


今日サイトに登録したところなのに、こんなに早く会ってもいいのかしら?とも思いました。

でも、卓也さんが強引に誘ってきたのと

何か女としての期待もあり、会うことにしました。

外資系金融機関にお勤めで、スポーツマンだということと、何よりも写真がイケメンでカッコ良いんです。

私って結構面食いなところがあるんで、卓也さんはこの段階で断トツで気に入っちゃった。



私は専業主婦。裕子といいます。

40歳です。

どことなく、吉瀬美智子に似てるって言われます。

容姿には自信があるんですよね。

夫は中小企業の社長で毎日、休むことなく忙しそうにしています。

でも、なんか主人、忙しいのは女性がいるみたい。



女の勘でわかります。


主人があんまりかまってくれないんで、時々、一人でムラムラとした気持ちになっちゃうんです。





昨夜が、そうだった。



ついつい、手が乳房を揉んで膣の中に指を入れちゃったんです。


それはそれで気持ちよかったんだけど、何か余計に身体に火が付いたみたいなんです。



アダルト動画:サイトで知り合った42歳主婦の○○に綿棒入れてバイブで激しく変態オナニー 8分

その余韻が今日の出会いに私の背中を押したみたい。





約束のホテルのラウンジに行くとすでに卓也さんは待っていました。

「あ、さわやか。。。」が第一印象です。



そうそう、彼は外資系の金融会社に勤めてるっていったけど、スーツ姿が似合っていて、かっこいいです。


お茶を飲みながらお話をしました。


もう、主人がかまってくれない不満とか、いっぱい話しちゃった。

卓也さんは「そうなんですね。」

「それはさみしいですよね。」

と言って、やんわりと私の、ほぼ一方的なお話をきいてくれるの。



私の目をじっと見つめられると、変なことを想像し、なぜか大切なところがキュンとするのがわかります。

そして、じわっと濡れてきています。



「(いやだ、私ったら、いやらしい。。。)」と思っちゃいました。



1時間ほどおしゃべりしたでしょうか。

卓也さんが乗ってきたクラウンに乗ってドライブに行くことになりました。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)



この頃になると、卓也さんもいろんなお話をしてくれました。

年齢は43歳なんですって。

そして、仕事のことや趣味のことも聞いちゃいました。

学生時代は水泳をやっていたらしく、

顔は俳優の斎藤工さんいちょっぴり似ているんですが、

結構肩幅があって、がっしりとしています。

家庭のことは、答えないだろうな?と思ったけど、私が聞いたら、これもすんなりと言ってくれました。




奥さんとはもう何年も夜の営みはないんですって。




ま、私に合わせてくれている部分もあるんだろうな。

でも、いいや。

素敵な男性だし、なにか、男の色気を感じます。

あの、なんだかキラキラと輝いている瞳で見つめられると、ぽ~っとしちゃいます



ホテルのラウンジでもそうだったんですが、車の助手席に乗っていると余計にアソコがじわっと熱くなってくるのがわかります。




ふと、会話が途切れたんです。



すると車は奇抜な彩のラブホテルの前にさしかかっていました。



そしたら、卓也さん

「いい?」

って聞いてきました。



今日初めて会った男性なのにいいのかしら?と思いましたが


私は「うん。。。」と返事しました。





気付いた時には車はラブホテルの中に入って行きました。



部屋に入ってソファに座ると、卓也さんは紳士的で

コーヒーを入れてくれ

「ごめんなさいね。初めて会って、こんなところに来ちゃって。」

「裕子さんの魅力に耐え切れなくって。。。」

と言ってくれました。

私は「いいえ、私こそ。。。」



とぎこちない会話が少ししたあと



卓也さんは、私の肩に手をおいて唇を重ねてきました。


ソフトなキスで感じで、すぅっと気が遠くなるような感じ。

そして、舌を入れてきたかと思うと、右手が私の乳房をゆっくりと触り始めたのです。

アダルト動画:京子42歳① 梅干しのような陥没乳首、ねっとりと糸引く亀の産卵のみたいなマンコのスケベ熟女

その頃には、私も息も乱れてきて興奮と気持ちよさに卓也さんに身体全部を預けていました。




サマーセーターの上から乳房を揉まれているので結構、ジンジンと卓也さんの手のひらを感じます。
乳首あたりを指で撫でてきます。


そのたびに、私は、身体をビクンビクンを震わせちゃいます。


「裕子さん、感じやすいんですね。」
と言いながらも卓也さんはそれを止めません。


「恥ずかしいです。。。」
といいながらも、より興奮している私がわかりました。


そして、卓也さんの右手は乳房から太腿に移ります。

そこもゆっくりとゆっくりと撫でまわすのです。


もう、私は「(早くクリトリスを触って!)」という、我慢できないような昂ぶりです。



そして、やっとその手が私の膣あたりをパンツの上から触れました。

今日はストッキングを履いてないんです。


「あ、裕子さん、パンツが濡れてますよ。」

と、意地悪そうな微笑みで見つめます。




「やだぁ~ん。。。」

といいながらも卓也さんの動きに身をゆだねます。
指がパンツの横から入ってきたときには膣からは大量の体液でヌルヌル。

その体液を指にねっとりと絡ませながら膣口からクリトリスにかけて執拗にゆっくりとこすってきました。





私は、指がクリトリスに触れるたびに、

膣をヒクっとさせて、声を出してしまいます。

「あぁっ!」



もう、ソファに横になって卓也さんのなすがままになっています。



そしたら、私のパンツを一気に取っ払っちゃったんです。


まだ、明かりがついているので、私の股間は卓也さんにすべてを見られています。


卓也さんはスーツの上着とネクタイを取っただけです。



「裕子さん、きれいです。」

「ヒダがピンクで裕子さんのいやらしい液体でヌメヌメと光っていますよ。」

といやらしそうに私の耳元でささやいてくるのです。

「いやん。。。恥ずかしいです。。」

としか私は言えません。



でも、心の中で「(もっと、いやらしいことを言って!)」を思っている。

私って変かしら?



ソファに横たわったままで卓也さんは手慣れたように私を素っ裸にしました。

私の乳首が勃起した乳房はあらわになりました。

そして、陰毛で濡れた膣も。

私は、まだ出産の経験もなく、週に3度ほどジムに通い鍛えていたこともあり身体には自信あるんです。


ですから

「(ゆっくりと、ながめて頂戴。。。)」と思っています。




「裕子さん、陰毛がべっとりと濡れて大事なアソコにねっとりとくっついていますよ。。。」

とささやいてきます。




そして、卓也さんは散々クリトリスを撫でてきます。



私は、もう息が荒く、声も大きくなってきています。

「ああっ!!!」

「いいっ。。。」


身体がびくびくと痙攣しています。



もう、イッちゃいそう。

イクと思った瞬間、卓也さんは動きをピタッと止めたんです。


私は

「いやっ!もっとして!!」


と叫びとも似た声をあげました。



少し、間を開け、また、卓也さんの指が動き出します。

すると、私はまた、気持ち良さがさっきよりも大きくなってきているのを感じるのです。

「そう、そう、いいっ!」

快感が、頭の中を駆け巡っています。

目は完全にうつろ。


また、絶頂に達しそうになってきました。

私は腰を卓也さんの指に押し付けるようにします。

もう、身体中がビクンビクンしています。


「ああっ!イッちゃう!!」

と頂上に上り詰めようとしたときに

卓也さんは、また、ピタッと指の動きを止めたんです。

アダルト動画:不倫チンポで悶える人妻

もう私は狂ったように

「やだっ!イカせてっ!!」

「お願いぃ~。。。。」

って卓也さんに懇願までしているんです。




そしてまた、指が膣に触れてきました。

私はさっきより腰を指に擦り付けようと動かします。

「ああん。。ああん。。。」



すると、卓也さんは、すぅっと指を私の体液があふれてヌルヌルになった膣の中深く入れてきたと思ったら、Gスポットを指で擦ってきたのです。

「ああっ!!!ああっ!!すごいっ!!」


そして、私は卓也さんにしがみつきました。



卓也さんがGスポットを押しては摩るような動きを繰り返していくうちに、強烈な快感が身体全体にはしりました。



身体全体が大きく痙攣しました。


「あああっ!!!イクっイクっ!!ああ。。。」


私は口からよだれを流しながら、イッたのでした。




卓也さんは

「裕子さん、大丈夫?」

と笑みを浮かべています。




私は、気が遠くなるような、これまでに味わったことがない強烈な快感の余韻にひたって

ぐったりしていました。


主人とも、こんな快感を味わったことなんてありません。

やっと、落ち着いてきた私は

「こんなの、初めてです。。。」

「私、おかしかったんじゃなかったですか?」


と卓也さんに聞いちゃいました。


卓也さんは優しく

「全然おかしくなんかなかったです。裕子さん、きれいです。。。」

といってくれるのでした。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)



アダルトブログランキングへ




そして、しばらくして

「裕子さん、シャワーに行きましょう。」

と言うと、卓也さんはここで初めて着ているものを脱ぎ去ったのです。

私は初めて卓也さんの裸を見ました。



「(なんというきれいな筋肉美なんだろう。)」


さっき、強烈な快感に浸った私ですが、

また、膣がじぃんとして、いやらしい体液がヌルっと膣口に伝わるのを感じながらシャワー室に二人で入って行きました。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleえっちな小説ですよsidetitle
sidetitle創作官能小説一覧sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle女性専用sidetitle
DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)
sidetitle女の子のための動画sidetitle
女性向けアダルト動画
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleポチ、してね。。。sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
バナー2
sidetitle明日花キララちゃんsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle