FC2ブログ

⑦スキ者同士・7話「今日は夕方まで3人でヌードパーティをしよう。」

卓也さんから久々に携帯電話がかかってきました。

彼とは斎藤工に似ている43歳、外資系金融関係の社員でイケメンのスポーツマン。
出会い系サイトで知り合いました。

私は裕子40歳。
吉瀬美智子に結構似ていると言われてるんです。
「今、以前にお会いした○○ホテルのロビーにいるんですよ。絵里さんと一緒に来ませんか?」
絵里は私の学生時代からの親友。
これがまた美人でプロポーション抜群なんです。
私も学生時代にミスキャンバスに選ばれたくらいだから、結構プロポーションには自信があります。
でも、絵里の、特に形の整った大きめの乳房には女の私が嫉妬するくらいなんですよ。


絵里に電話すると
「私も昼食終わって時間をもてあそんでいた。」
とのことで即オッケーの返事でした。


二人、ホテルのロビーに行くとラウンジから卓也さんがやってきました。

「お二人、急に呼び出してごめんなさいね。夕方くらいまで大丈夫?」


私と絵里は少し恥ずかしそうにしたけど、そろって
「大丈夫ですよ。」
と返事しました。

私は先日このホテルで繰り広げられた3人のプレイを思い出して身体が火照ってくるのを感じました。
絵里も全く同じだったと思います。
顔を恥ずかしそうに、ほんのり赤く染めています。


3人は卓也さんのリザーブしておいた部屋に入りました。

広めのダブルです。
ベッドも結構な大きさでした。

ソファもゆったりとしています。
丸いテーブルを囲むようにソファがありました。
卓也さんを対面に私と絵里は長いソファにゆったりと座りました。

卓也さんはおもむろに言いました。

「今日は3人でヌードパーティをしよう。」

出会いSNS PCMAX(PCマックス)



私と絵里は顔を見合わせました。
でも、先日のプレイから、今さら拒否はできません。
というか、むしろ二人ともワクワクとしてきたのです。

卓也さんが恥ずかしいそぶりも見せず真っ先に真っ裸になりました。
先日も思いましたが逆三角形の筋肉質の身体にうっとりです。

次に私と絵里がすべてを脱ぎ去りました。

絵里と私は体型こそ違いましたが二人とも無駄な肉は一切ありません。
腰はキュッとくびれていて、ヒップから太腿のムチッとしたライン。
何よりも大きくて、しかし、一切垂れていない乳首がツンと出た形の良い乳房。
二人の陰毛はきれいに手入れされています。

3人の、その裸体の全てが部屋全体を洋画のような芸術的な様相に変化させたのでした。

同時にあの日の強烈なプレイが鮮明に思い出され、また、これからの期待に下半身がキューっと熱くなってきました。


卓也さんはワインのボトルとグラスを用意しました。
これは先日と同じでしたが、最初から3人が素っ裸というところが違います。

この違いは、3人が性的に興奮するのに十分でした。

卓也さんの注いだワインで3人は乾杯しました。

驚いたことに3人ともに恥ずかしがることなく、先日より笑顔が絶えません。
それは無理にそうしているということではなく、全員が真っ裸になったということでの安心感と言うものだったのでしょうか。

しばらく趣味のことや仕事のことで話が弾みました。
しかし、さすがに話が徐々に途切れてきました。

どうしても次に起こるであろうことを想像します。

3人真っ裸です。

膣からじわっと愛液が出てきています。

話が途切れたその時に、比較的近い位置にいた絵里の横に卓也さんが座りました。
絵里はニコッと笑顔ですが、明らかにこわばっています。

卓也さんは絵里の肩に手を回すとキスをしました。

絵里もすでに興奮状態だったのか卓也さんを抱きしめました。
卓也さんは絵里の大きな乳房を揉みながら、二人は激しいキスを繰り返しています。

絵里から喘ぎ声が漏れています。
「ああぁん。。。あん。。」

アフィリエイト


卓也さんのペニスを見ると大きく脈打っていました。
絵里はそのペニスを掴むと摩りだしたのです。
同時に卓也さんも絵里のきれいに手入れされた陰毛の生えている膣をまさぐり始めたのです。

そして、絵里は片足をテーブルに乗せました。

卓也さんは絵里の中心に顔を埋めたのです。
「ああぁっ!いいっ!!」
絵里は声をあげ、卓也さんの頭を自分の中心部に押し付けるようにしているんです。

「卓也さんと絵里、す、すごい。。。」

私もすごい興奮状態になってきました。
膣に手をやるとそこはすでに愛液でヌルヌルになっていました。
そして、クリトリスを刺激したのです。

「ああぁ。。気持ちいい。。。」

私は絵里をクンニしている卓也さんの近くに行き、ペニスを咥えました。
口の中でペニスが弾むように動いています。
唾液をいっぱい絡めながらフェラチオをしました。

卓也さんからもうめき声が漏れました。
「ううっ。。。」

卓也さんは我慢できなくなってきたようです。

ペニスを私の口からはずすと、絵里の膣にあてがったのです。
絵里の膣からもたくさんの愛液と卓也さんの唾液が滴っていて陰毛がいやらしく光っています。

そして、絵里が叫びました。
「あああっ!卓也さんっ!!いいっ!!!」

見ると、絵里の膣にペニスが根元まで完全に挿入されていました。
そのペニスが膣から白い粘液質の体液を絡めて、いやらしく出たり入ったりを繰り返していました。

その度にグチュグチュと言う音と共に絵里の喘ぎが聞こえます。
「あんっ!あんっ!ああっん!」

私は卓也さんの肛門を舐めながら、自分の膣に指を入れました。
膣のヒダが指に絡みヒクヒクと収縮しています。

卓也さんの動きがより激しく早くなってきました。
同時に絵里の発するうめき声が、悲鳴に変わってきたのです。

「ああっああぅっ!!あああぐっう!!ああっ!!」

絵里がイッちゃいそうです。

「イクッ!イクっ!イクっ!!ああっ!!イッちゃうよっ!ああっぁあ!!」

卓也さんは
「ああっううっ!!!」
とうめくと腰をぐぅっと絵里の膣に強く擦り付けるようにして、射精したようです。

絵里もそれと同時に
「イクッぅ!!!あああっ!!!」

と叫び身体全体を大きく上下に痙攣させイキました。

私も、その二人のもの凄い行為を見ているだけで興奮と快感で身体が硬直するようになります。
そして、膣に指を3本入れ、激しく上下に動かすと膣が指を締め付けるように痙攣しイッたのでした。
「あああっ!!イクっ!イクっ!ああっあああ。。。。」

絵里はソファに上向きに横たわっています。その上に卓也さんがペニスを膣に挿入したままで重なっています。
その後ろにいる私は卓也さんのお尻の割れ目あたりに頬を置いてぐったりとしまていました。


10分くらいそうしていたと思います。
すると、卓也さんは絵里の膣からペニスを抜いたのです。

絵里の膣から愛液と精液がまざさった白い液体がドロドロと流れ出てきたのです。
しかし、ペニスまだまだその衰えていない大きさと硬さです。
反り返るように光っています。

卓也さんはソファに座ると私に上に乗ってくるように言いました。
私は促されるままに卓也さんのペニスめがけて腰を下ろしました。

ヌルヌルになっている私の膣はそれを待ち望んでいたように収縮しペニスを咥えるように、その奥深く導いたのです。

「ああっ!大きいわっ!ああっあああっ!!」

私は貪るように腰を激しく上下させたのです。
ペニスは膣の奥深く、子宮に届いていて、揺らします。

その子宮の揺れがもの凄い快感を全身に走らせました。

卓也さんは私の乳首を尖がらせた巨乳とも美乳ともいえる乳房を掴みながら腰を突き上げてきます。

そして、卓也さんは
「ああっ!イキそう。。。」
と声を発しました。

私も
「イってっ!イってっ!卓也さんっ!!いっぱい出してっ!!ああっ!!」

卓也さんがより大きく腰を突き上げると、私の子宮めがけ大量の精液を放出したのです。
同時に、いつの間にか横で大きく足を広げ膣に指を入れて悶えている絵里の姿がありました。その、とろっとした絵里のいやらしい視線が合った瞬間、私の全身に強烈な電気のような快感が走り抜け、イクのでした。
「あああっ!!!イクッ!イクっ!イクっ!!!あああっっう!!!」

絵里も私と同時にイッちゃいました。
「ああっ!!絵里っ!!すごいわッ!!イクっ!イクっ!またイッちゃうよっ!ああっ!!」

3人ともに快楽を貪りつくしたようにぐったりとしました。

そして、それぞれの恥部はそれを物語っているかのように体液でぬめり光っていました。

私は徐々に意識が遠ざかっていくのを感じていました。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)



アダルトブログランキングへ




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleえっちな小説ですよsidetitle
sidetitle創作官能小説一覧sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle女性専用sidetitle
DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)
sidetitle女の子のための動画sidetitle
女性向けアダルト動画
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleポチ、してね。。。sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
バナー2
sidetitle明日花キララちゃんsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle