FC2ブログ

④OL美和の行為・4話「部長。。。イって。。。いっぱい出してくださいっ。。。」

本郷部長と松原課長のエッチというか、その光景はまさに動物の交尾でした。
初めて目の当たりにした私には衝撃でした。

頂上に上り詰めた二人はソファでぐったりとしています。ペニスは膣から抜かれているけど、白い体液がからまって、まだまだ大きいままです。

ぴくんぴくんとしています。そして、松原課長の陰毛のない、ぱっくりと開いたピンクの膣口からなおも体液が膣のヒクつきとともに出てきています。
二人は抱擁を止めようとしません。

むしろ、ペニスはまたより大きくなって、膣の入り口を目指しているようです。


すごいです。

私は興奮のあまり、パンツの上から触っていた手を、パンツを脱いで直接膣に擦り付けました。
もう体液で膣周辺はヌルヌルになっています。


そして、本郷部長は松原課長の膣の口にぐっとペニスを挿入していったのです。
ぶちゅぶちゅといやらしい音がしています。

松原課長はそれを待っていたかのように腰をペニスに擦り付けるように浮かしました。
そして
「あああっ!!!あぐぅ。。。ああぅ。。。。。。」
と、恍惚に浸るような、また、おなかの底から絞り出すような声を発しました。

それを見ていた私は膣を触っていた指を膣の中に挿入したのです。
すごく気持ちよいです。

膣のヒダが愛液とともに指に絡まりヒクヒクと指を締めつめます。

「ああっ。。!いいっ!」

その気持ち良さに、これまではなんとか声を押し殺していましたが、我慢できず、思わず声を出してしまいました。
そして、その快感に徐々に自分自身を忘れていきます。
目をぎゅっとつむり、その快感をもっともっと高めようと、本能のままに声を出しながら動きも激しくしていきました。
しばらくその快感を味わっていました。

そして、目を開けると、松原課長が四つん這いになり本郷部長がバックからピストン運動をしているではないですか。
パーンパーンと音をたてながらのピストン運動です。松原課長はソファに顔半分をつけ、左横を向いて喘いでいます。
その口からは泡とも唾液ともわからない液体が流れ出ています。
そして、快楽を貪っているような声を発していました。

「ああぅう。。。ああん。ああうっうう。。ああつ。。。」

本郷部長は松原課長の左手を取ってなおも激しいピストンを繰り返すのです。

私はその光景を見ていてますます興奮してきました。


本郷部長と松原課長は2度目の頂点に達しようとしています。

本郷部長が
「イクよっ!松原くん。。。」

「部長。。。イって。。。いっぱい出してくださいっ。。。」

本郷部長は快感をかみしめるように顎を突き出したかと思うと「うっ!とうめき、射精したようです。

「あああっ!!!部長っ!熱いっ!!!いっぱいだわっ!いっぱいだわっっ!!イクイクイクっ!!!イクイクっうう!!!」

その時、私も我慢できなくなり、膣に指を激しく3本出しいれしながらイッたのです。

「あああっ!!!!イクっ!イクっ!!イクっうう!!!」
二人は、部長を上にしてガクッとソファに崩れました。

私はスカートを捲り上げ下半身を露出させ、そのソファの端で片足をソファにかけ、もう一方の足を床に投げ出し、大きく股を開いたままです。

同じソファの上で3人ともぐったりとしていました。



そうしていると、本郷部長から離れた松原課長が私の前にひざまずいたのです。

本郷部長は目をつむって横たわったままです。

松原課長は私の投出している方の足の膝に自分の頬をつけてソファ意にあげていた足を優しくなでてくれるのです。
松原課長の髪から香水のようなシャンプーのような心地よい香りがしています。

ソファにあげていた足を床におろしその心地よさにしばらく浸っていました。

すると
「高木さんも脱いで。。。」
と言ってきました。

私は何の抵抗もなく服を脱いでいきます。

着ていたブラウスが汗で身体に張り付いていました。

ブラジャーをはずすと、待っていたように私のEカップの乳房が飛び出すようにあらわになったのです。

そして、全裸になりました。
一切の羞恥心は消えているのがわかりました。
というか、展開された本郷部長と松原課長の、すごい行為に羞恥心はマヒしていたといってもいいです。

松原課長は私の乳房を揉みながら乳首を軽く噛んできました。
思わず声が漏れます。

「あん。。。」

そして、片手の指で座っている私の膣口からクリトリスを刺激してきました。
私の膣からはすでにいっぱいの愛液が溢れています。

そして、つぎに私の股間に顔をうずめてきたのです。
そして、舌を膣に入れてきました。
すごい快感です。

「あああっ!!!課長っ!気持ちいいです!」

もうすぐにイキそうになりました。

あ、もうじきイクわ、と思った時に部長が起き上がり私たちの中に入ってきました。
そして
「松原くんがソファに足を開いて上向きになりなさい。そして、高木くんは松原くんを舐めるんだ。」
と指示してきました。
これは業務命令なのでしょうか?

でも、そうだとしたら楽しい業務命令です。

その通りに私は四つん這いになり、松原課長の膣からクリトリスをヌルヌルに溢れている愛液を拭い取るように舐めあげました。

「あああっん。。。高木さん。。上手よ。。。いいわ。気持ちいい。。。」

腰を揺らしながら松原課長は呻いています。

私も、本郷部長に見られていることもあったのか、そうすることですごく興奮してきました。
そうしているだけで、私の膣はヒクヒクと収縮しています。
そして、イキそうになってきます。

もうすぐイッちゃうと思った瞬間、私の後ろから膣に硬いものが触れたかと思ったら、本郷部長が大きく硬くなっらペニスをぐりぐりと入れてきたのです。

私は松原課長の膣から口を離し、大きな声を、天井に向かうように、あげました。

松原課長は私に

「高木さん。。。気持ちいいのね。。。もっと感じて。。もっと感じるのよ。。。」

と言いました。

松原課長も私が感じている顔を見てすごく興奮しているのがわかりました。

そして、本郷部長の動きが激しくなります。
同時に私の松原課長を刺激する口の動きを強くそして早くしました。



すぐに頂上はやってきました。

「あああっ!部長つ!イキそうですっ!!」

「イキなさい。高木くん。。」
私の膣は本郷部長のペニスを咥えてもっと奥にヒクずりこむような収縮をしました。

「高木くんっ!すごい。。。すごい締りだっ!」

と言ったかと思うと、私の膣深くペニスを突き刺すようにして大量の精液を子宮に向かって放出しました。

その精液の熱さを感じると子宮から全身にものすごい快感がはしり、全身をガクガクとさせました。

そして、私は頂上を迎えたのです。

松原課長も私の口に膣を擦り付けるように腰を高く、全身を大きく痙攣させて、イッたのです。

松原課長は両足を大きく開いたままで、そして、私は四つん這いのまま、松原課長の膣にほほをくっつけてぐったりとなりました。

本郷部長はしばらく私の中に入ったままで余韻を味わっていたようです。

しばらくしてから、そのペニスを私の膣から抜きました。

私は抜かれるときのペニスと膣壁の摩擦の快感に思わず声を漏らしました。

「ああん。。。」
まだ抜かれまいと収縮していた膣がヒクヒクしています。

そして、精液と愛液の入り混じった残渣がどろりと四つん這いの私の太腿を伝うのを感じました。
力が完全に抜けた私はソファに身体を投出すように横たえました。

本郷部長は、さっき私がしていたようにソファの端でぐったりとしていました。



少し、正気を取り戻した私は、月曜日からどんな顔をしてこの二人と接すればよいのか?と不安に思いました。
でも、強烈な3人交尾の快感を知ってしまった私は、この関係がずっと続くことを期待しするのでした。





出会いSNS PCMAX(PCマックス)



アダルトブログランキングへ



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleえっちな小説ですよsidetitle
sidetitle創作官能小説一覧sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle女性専用sidetitle
DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)
sidetitle女の子のための動画sidetitle
女性向けアダルト動画
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleポチ、してね。。。sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
バナー2
sidetitle明日花キララちゃんsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle