FC2ブログ

④姉弟相姦・4話「いやっ!亮くん!止めないでっ!!」

お風呂場に入ると、立ったままで私は亮の身体にシャワーをかけて洗ってあげました。

ボディーソープで念入りに洗っているとペニスがむくむくと立ってくるのが見えます。
精液と私の体液でまみれたペニスをゆっくり摩りあげるように洗ってあげます。

そしたら、亮が
「僕も姉ちゃんを洗ってあげる。」

と言って、後ろに回り、私の身体中をヌルヌルと洗ってきました。

最初からオッパイばかりです。

「あん。。気持ちいい。。。」

それでも亮はボデイソープの泡で見えないくらいになったオッパイ洗います。
ペニスが、いたずらっぽく、お尻の割れ目に触れます。
亮ったら、洗うというより、どうも私を感じさせようとしているみたい。

私も手を下から後ろに回すようにして、すでに硬く大きくなったペニスを握って摩りました。

すると、亮は左手はオッパイを揉んで、右手で前から私の膣を触り始めたのです。

ボディーソープとすでに体液でヌルヌルになった膣の入り口あたりからクリトリスにかけて、優しく擦ってきます。

私のクリトリスはツンと立って膣は快感にヒクヒクとしています。
私は「(早く、指を入れてっ!)」と思っているのですが一向に、入れてこようとはしません。

膣口とクリトリスを摩るのをやめようとしないのです。

私は、徐々に快感が増してきて、イキそうになってきました。

「亮くん。。イキそうだよ。。。」
と声を漏らした瞬間、亮は動きを止めました。

私は
「(えぇ?)」
と思って

「亮くん。。。もっとしてぇ。。」
とおねだりをしたのです。

すると、また、さっきの動きをしだしたのです。
中指で、念入りに。

また私は快感が最高潮に達しようとします。

そして、イキそうになりました。

「亮くん。。イッちゃうよ。。。」

そこで、また、亮は動きを止めたのです。
思わず
「いやっ!亮くん!止めないでっ!!」

と怒るように叫んじゃいました。

亮はそれを何回か繰り返えしたのです。


私は膣の奥深いところにその、何ともいえないような欲求がどんどんと蓄積されているのを感じます。
ダムが決壊する寸前のようでした。

もう我慢できないと思った瞬間、亮が、ググっと中指を膣の中に入れてきたのです。
それだけでなく、Gスポットを強く押さえて擦るように刺激してきました。


私は全身に快感が走り、その時、ついにダムが決壊したのです。

「あああっ!!!イクっイクっ!!イッうよ~!ああっ!!いいっ!!!」
と全身を痙攣でガクガクとさせてイッちゃいました。

立っていられなくなり、お風呂の腰かけに座ると目の前に亮のペニスが大きくそそり立っています。
息使いはまだまだ荒いままです。
膣もヒクヒクと痙攣し続けていておさまりません。

私はまだまだ興奮状態が冷めやらず、というか、さっき寸止め状態が何度も続いたので、興奮状態は冷めないどころかますますエスカレートしているようです。
膣の奥から全身にわたって快感が続いているようです。

私は、むしゃぶりつくようにペニスを咥えこんでフェラをしました。
片手でオッパイをきつく揉みながら、もう一方の手でペニスの根元を押さえながら喉奥深く大きく揺らしフェラを続けました。

いやらしい音がしています。

ジュボジュボ。。。ジュボジュボジュボ。。。。


「うんぐぅ。。。亮くん。。。おいしいわ。。うぐぅ。。。」

亮は私が最初から狂ったようにフェラをしているものですからすぐにイキそうになってきたようです。

「姉ちゃん。。。すごい。。気持ちいい。。イキそうだよ。」

「亮くん!イって!いっぱい出してっ!」

そして、亮は「うっ!」とうめいて身体を硬直させたと思ったら、私の口の中にドクドクっと、熱い大量の精液を放ちました。
大量に放たれた精液と膨張したペニスで口いっぱいになっています。

なおもフェラを続けていると、ペニスの出し入れするごとに口からダラリと精液が流れ落ちました。

すごいいやらしい光景だと思うと余計に興奮してきます。

しばらくフェラを続けていました。

そうしたら亮が

「ありがとう。。。姉ちゃん。。」
と言ってペニスを口から抜き取りました。

私は
「亮くん。。。いっぱい出たね。。」

と口からさらに精液をダラダラと流しながら亮を見上げました。

「(なんて私はいやらしいのかしら。。。?)」

と思いながらも、まだ、膣がヒクヒクとしているのを感じていました。

身体自体も時々ビクッビクッとします。
全身が性感帯になったようでした。

何度もイクのを止められた欲求不満と、また、その後に襲ってきた快感がどれほど大きかったを物語っているようです。


私はそのけだるいような快感のまま、シャワーで流してから、あらかじめお湯をいれておいた湯船に二人一緒に入りました。

比較的横長の大きめの湯船です。

亮を先に入らせ、私は亮の前に背中を向けて入りました。
必然的に亮が両膝を立てその間に私のお尻を入れるような形になります。


「亮くん。。。気持ち良かった?」

私は未だに膣がヒクヒクしていて、さっきより落ち着いてきたとはいえ、まだまだ興奮気味です。

「うん。姉ちゃん、気持ち良かったよ。」

そして、私のオッパイを後ろからゆっくりと両手で揉み始めました。
私は反射的にビクンと反応しました。
お湯の暖かさの中でオッパイを揉まれているので全身が力が抜けていきます。

そして
「ああん。。。」
と声を漏らしました。

しばらくオッパイを揉まれていると、亮の右手が私のクリトリスに伸びてきたのです。
さっきの興奮状態が冷めやらない私の身体はすぐに大きく反応します。

「亮。。ああん。。ああっ。。気持ちいい。。。」

「姉ちゃん。。。ヌルヌルになってきたよ。。」

そして、私の身体を持ち上げてすでに硬く大きくなっているペニスの上に、ゆっくりと下ろしていったのです。

ペニスが私の膣いっぱいに入り込んできました。
ヒクヒクしていたヒダが絡んでいます。
そして、よりペニスにぴったりとへばりつくように膣圧が大きくなっているのがわかります。
あたし自身も、それが余計に快感を増幅させたのです。

「あん。。。」

私は自分で身体を上下に動かしました。
ペニスが膣壁を擦り付け、目を閉じて快感を味わったのです。
そのたびに湯船からお湯があふれ出ます。

すでにさっきから興奮状態だった私はすぐにイキそうになってきました。

亮もさっきより腰を動かし始めて快感に浸っているようです。

そして、亮は私より先に
「ああ。。姉ちゃん。。。イキそう!!」

「亮!イって!イって!!」

そして、激しく腰を持ち上げたかと思ったら私の膣の中に射精したのです。
私も、上になっていたこともあり、子宮にペニスがすごく当たっていて、そこに熱い精液をかけられ一挙に達してしましました。

「あああっ!!イクっ!イクっ!亮くん!!イク~っ!!!」
大きく身体全体で痙攣しました。

二人同時にイッちゃったのです。

今の激しい交尾の動きで揺れているお湯に身体をまかせたまま、もう何が何だか分かんないくらいに放心状態になっている私たち姉弟でした。



アダルトブログランキングへ


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleえっちな小説ですよsidetitle
sidetitle創作官能小説一覧sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle女性専用sidetitle
DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)
sidetitle女の子のための動画sidetitle
女性向けアダルト動画
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleポチ、してね。。。sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
バナー2
sidetitle明日花キララちゃんsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle