FC2ブログ

②姉弟相姦・2話「姉ちゃん。。。気持ちいい。。」

亮の部屋から二人はお風呂に行きました。

私は先導するようにお風呂場に入って

「亮、こっちにおいで。」

と近くに呼び寄せました。



「洗ってあげるね。」
と亮にシャワーをかけながら立ったままで洗ったの。


ボディソープをよく泡だてて全身をね。

最初は背中から洗って、そして、私のオッパイを亮の背中にソフトに撫でるようにしてあげた。

私の乳首は徐々に硬くツンと尖がるように立ってきている。

声が出ちゃった。

「ああ、気持ちいい。。。」

亮は沈黙のままされるがまま。

そして、背中にオッパイを当てたままで手を前に回したのね。
手を、首筋から徐々に下におろしていった。

亮のペニスを見るともうすでにはち切れんばかり。

「(すごい。。。)」

とびっくりすると同時に私、ますます興奮してきちゃった。

「(こんなのがさっき、亮の部屋で、私の身体奥深く入れられてたんだわ。。。)」

と思うと、また、それを期待している私です。

そして、思わず手がその大きくて硬くなったペニスに伸びたの。

「あ!姉ちゃん。。。」

「いいのよ。亮。ここもよく洗わなくちゃ。」
と言って両手で先の方から根元までゆっくりと、念入りに洗ってあげたの。

洗うというか、マッサージだよね。



背中にオッパイ擦り付け回しながら両手でペニスをマッサージされたもんだから亮ったら

「姉ちゃん。。。イッうよ。。」
と声を漏らしたの。

私は
「ダメよ、まだ。」




と言って今度は私はお風呂場の腰かけに座り、亮を私の方に向けたの。

そしたら、亮のはち切れんばかりの元気なペニスが目の前に弾んだわ。

シャワーでボディーソープを流すと、ペニスの先を舌でぺろって舐めちゃった。
そしてら、ペニスの先からぬるっとした液体がいっぱい出ているのがわたの。

今度はそれを喉の奥深くくわえ込んだの。

亮、一瞬、ビクっと震え、目を閉じた。
快感を味わっているというか、爆発をぐっと我慢してるみたい。

このままだと、亮はイッちゃうと思ったから、今度はタマタマを舐めたの。

お尻の穴からタマタマ。そしてペニスへと舐めた。

それも気持ち良いらしく、タマタマからペニスの舌をつたって先まで舌を持っていくとペニスがまたまたビクンビクンとしたのよね。

すごく感じているのがわかる。

先のカリの溝あたりを舐めたりまたタマタマを舐めたりを繰り返した。

私もその頃にはかなり興奮していて、膣からぬめぬめの体液が大量に出てきていた。
その体液がお風呂の腰かけに流れ出ているのがわかる。

そして、また、ペニスを喉の奥深くくわえ込んだの。
亮は声を漏らした。

「姉ちゃん。。。気持ちいい。。」

私はその声を聞くと興奮度がすっごく増したの。

いつのまにか、片手の指で私の膣を触っていた。

そして、指を中に入れちゃった。
「(あっ気持ちいい!)」

そして、フェラのスピードといつに入れている指の動きを早くしていった。

私もこの頃にはフェラをしながら喘いじゃったわ。

「うぐっ。。。あ。。。うぅん。。。」


私はおもむろに立って湯船のふちに手をついたの。

そして、亮に

「亮。。。お願い。後ろから入れて。。」


亮は何も答えずに、私の後ろに回ると、ゆっくりと膣のヒダを押し分けるように挿入してきた。

そして、その先が一挙に子宮を突いたの。
思わず叫んじゃった。

「ああっ!!いいっ!亮っ!」

って。


亮はゆっくりと、時には激しく早くピストン運動を繰り返した。

「いいよ。。気持ちいい。姉ちゃん。。。」

「亮。。ああっあ!ああんああん。。。」

亮は後ろから左手をオッパイを揉んで、右手でヌルヌルとしたクリトリスをこすり始めたのよ。

私はその快楽に気が遠きなりそうになったわ。
そして、亮の動きが速くなってきたの。

私の膣はヒクヒクと痙攣している。
そして、亮のペニスを力いっぱいくわえ込んでいるのを感じた。

亮は膣にやっていた手もオッパイに持ってきて両手で、揉み上げたの。

そして、子宮をぐっと突くようにしてきた。

「姉ちゃん。。。イキそうだよ。。」

「いいよっ!イって!たくさん出してっ!!」

と言うと

亮は「ううっ!」って呻いたかと思ったら、熱い液体で膣がいっぱいになるのを感じた。

同時に私も強烈な快感を全身で感じ、ガクガク震えながら頂上に上り詰めたの。

「あああっ!!!亮っ!いいっ!イクッイクッ!!イッちゃう~っ!!!」



しばらくそのままの格好でいたけど、お互い快感で朦朧としていて、お風呂のタイルの上に横になったの。

そして、亮がペニスを抜いた。
抜かれるときも気持ち良かった。

思わず声が出ちゃった。

「ああ~っ」

そして、膣の中からどろっと大量の液体が流れ出るのがわかったわ。

そして、二人立ち上げるとシャワーで洗いっこした。
「亮、このことは絶対にお母さんに行っちゃだめよ。」

「わかってるよ。」

若い亮の肌が水をはじき、窓からさしてくる光でキラキラと光っている。

私たちは姉弟なのに、仲の良い恋人のような親密さを感じたの。




アダルトブログランキングへ



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleえっちな小説ですよsidetitle
sidetitle創作官能小説一覧sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle女性専用sidetitle
DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)
sidetitle女の子のための動画sidetitle
女性向けアダルト動画
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleポチ、してね。。。sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
バナー2
sidetitle明日花キララちゃんsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle