FC2ブログ

⑧スキ者同士・8話「主人は私の体型と感度の変化に、不倫を疑い猛烈に嫉妬していた」

絵里と卓也さんとの3人のいやらしい関係を持つようになって私の身体はすごく敏感になってきたようです。

先日、私がお風呂を入って寝室で髪をとかしていると主人が入ってきました。
「裕子、最近ふっくらしてきたかな?それと妙に色気が出てきたね。」
と何か疑うような意味ありげな笑みで聞いてきました。
でも、私の体重は増えていませんし、それどころかジムのトレーニングによりむしろ体重を落しているくらいです。

ひょっとして、主人との夫婦の営みでは味わったことのない強烈な快感を知ったから身体つきまで変化してきたのかも知れません。

今日もお風呂で身体を洗っていると、気持ち良くなってきて乳房とクリトリスをいじっているとすぐにイッちゃったのです。
今もまだお風呂での少し快感が残っていて欲求不満な感じなんです。

「そぉ?そんなに変わっていないと思うけど。。。」
と主人に返事しました。

主人の顔を見ると微笑んでいるようなんですが何か恥ずかしそうに緊張しているようなんです。
主人は主人は私の体型と感度の変化に、不倫を疑い猛烈に嫉妬していたのかもしれません。
そして同時に性的に興奮しているのだとも思いました。

主人は私の肩に手を置いたのです。
その瞬間、ビクっと震えたのです。
驚いてふるえたのではなく、下半身からの条件反射のような反応です。
と思っていると主人は私をベッドに押し倒しました。
もう、1年以上も夫婦の営みはありません。

私は卓也さんと絵里とのエッチよりある意味緊張で身体をこわばらせました。
一方で、新鮮さもあります。

主人は激しく貪るようなキスをしてきました。
同時にパジャマの上から乳房をまさぐりました。
主人の手の動きに合わすように身体のビクビクとする痙攣し、それが止まりません。

アダルト動画:【5分で抜ける!】あなたゴメンね。他の男とに何度も逝かされる歯科医師夫人


そして、着ていたパジャマを下着もろとも脱がし自分も真っ裸になったのです。
久々にみる主人のペニスは卓也さんのと変わらないくらい興奮し、大きく勃起しています。
その時にはその勃起したペニスを見ただけで身体が痙攣しました。
私はすでに下半身の快感に腰をうねらしています。
それからは、どこを触られても痙攣しました。
まさに身体中が性感帯になっているようです。
「ああん。。あなたぁ。。。あああん。」
久々に主人と交わることに、二人とも興奮してきています。
「裕子。やっぱり以前と身体つきが変わっているみたいだ。スゴイ敏感にもなっている。」
と興奮気味に言ってきました。

それは、やはり、不倫を疑いその怒り以上に、私の変化している女性の身体に興奮していることが感じられました。

主人の指が膣口からクリトリスを愛撫してきたときには、その指に溢れかえっている愛液がヌルヌルと絡みついているのがわかります。
そして、主人は私の膣からクリトリスにかけて舐め始めました。
「あああっ!!あなたぁあ。。。!気持ちいい。。。」

主人は私の両足を大きく広げました。
そして、愛液と唾液でビッショリとなった膣口にペニスをあてがい、一挙に膣の奥深く埋めてきたのです。そのペニスは子宮にまでとどき、その先端が子宮の突起した入り口部分を刺激しました。
私はより大きく身体をガクガクと痙攣させました。
そして、思わず両足を主人の腰に強く絡めて、強烈な快感を貪ったのです。
ペニスが動くたびに、その動きに合わせて大きな声を発しています。
「あああっ!!ああぅん!!ああん!ああぅん!!」
アダルト動画:【5分で抜ける!】Gカップ巨乳!魅惑の美人妻

「裕子。。。スゴイよ。こんなに締まるんだね。。」

私の身体は性器までも変化しているようです。

主人はすぐに我慢できなくなってきたのかピストンを激しくしてきました。
私はより両足に力を入れ、腰を突き上げるようにしました。
「イクよっ!ううぅぅ!!」
と呻くと、ペニスからドクドクと精液が子宮めがけて放出されたのです。

私もその大量の熱い精液を子宮に感じると一挙にイッちゃったのです。
「ああっ!イクっ!イクっう!ああっ。。。」
私の身体は今まで以上に上下左右に大きく大きくガクガクと痙攣させました。
イッた後も、しばらくの間、主人のちょっとした動きで痙攣が続いたのです。
主人も、久々の夫婦のエッチに、また、ひょっとして不倫の疑惑から来る嫉妬に、今までにない新鮮な興奮と快感を味わったのかもしれません。

主人の息が整ったところで、ペニスが膣から抜かれました。
抜かれるときにも、その快感でビクッビクと身体を震わせます。
膣から精液がどろりと上がれ出るのを感じ、また、それに身体をビクつかせるのでした。

エッチの最初から最後まで身体をビクビクと痙攣させっぱなしでした。

主人は
「裕子。。感じすぎだね。。。」
と驚いたような嬉しいような表情で私を見ました。

そして、そのまま主人は裸のまま、向こうむきになり、寝入ったようです。

私は卓也さんと絵里との行為を知られているのかな?とも思いました。
同時に、もし、この場に卓也さんと絵里がいたらどんな感じかな?とも想像しているのです。
私ってどれだけいやらしくなっちゃったのだろうと少し恥ずかしくなりました。

でも、主人が寝ているその横で、しばらくその想像をいやらしく増幅させました。
すると、さっきまでペニスが入っていて、まだ気持ち良さの残っている膣の奥がヒクヒクとしてきます。
膣を手で触るとさっきティッシュで拭きとったのに、また、すごく濡れてきています。

私は膣の中に指を入れました。
膣のヒダが指に絡みつき膣壁が締め付けます。
すごく気持ちよくなってきました。
主人が横にいるので声を押し殺そうと片手で口を押さえ、でも、快感を貪りました。
膣から指を出し入れを繰り返し、時々、膣口とクリトリスを手のひら全体でしげきしていると、徐々に快感は絶頂に達していきました。

「うううくう!ううぅぅ!!うぐぅう!!!あああっ!!」

と手のひらから声を漏らしながらイッちゃいました。

主人は?と見ると寝ているようなのですが、いつもの寝息がなく静かにしています。
今、私がオナニーをしているのをわかっていたのでしょうか?
と、思いましたが、もしそうなら、もう一度主人と。。。という期待もわいてきているのでした。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)



アダルトブログランキングへ




⑦OL美和の行為・7話「部長が股間に顔を埋めようと私の両足に触れただけでビクンとなりました。」

今日は土曜日。
午後から私は自分のマンションの部屋を掃除していました。
久々に良く動いたせいもあって、エアコンをかけていても夏の日差しが強いこともあって、じっとりと汗が出てきています。

今日は出かける予定もないのでデニムの超ミニのタイトスカートに白いTシャツをノーブラで着ていました。
ですから汗でTシャツが肌にくっついて、乳房の谷間と乳首が透けて見えています。

フローリングをモップ掛けしていると汗がぽたりと落ちるのがわかりました。

その時です。
玄関のチャイムが鳴ったのです。
インターホンのカメラで確認もせずに玄関へと行きました。

扉を開けると本郷営業部長がそのに立っていました。
「あ、部長。どうしたんですか?」
竹野内豊風のダンディな男性です。
先日、部長と米倉涼子似の女性管理職の松原課長と3人でエッチな行為を展開したのでした。
反射的にその時の快感が頭をよぎり下半身がきゅんとしました。

そして、私の格好がノーブラでTシャツにデニムの超ミニのタイトスカートであることに気づき、さすがに顔が赤くなりました。
部長もそれがわかっているらしく怪しく微笑むのです。

「近くのお客様に用事で訪問した帰りに、高木君の家が近いと聞いていたので寄ったんだよ。」

「どうぞ、上がってください。」

丁度、部屋も掃除した後できれいだったので躊躇なく部屋の中に通しました。
そして、ソファに座ってもらいました。
ソファは3人掛けが一つあるだけなので、私は少し距離を置いて部長の横に座りました。

「きれいなマンションに住んでいるんだね。」

「いえ、そんなことはないですよ。」

と取り留めもない話をします。

一通り話をすると口数が少なくなってきました。
そして、部長は私の近くに移動してきました。

私は汗で湿ったTシャツから透けている自分の乳房を部長に見られていることにすでに興奮していました。
部長は、スカートから伸びているすっとっキングも履いていない生足の太腿をそぉっと触りました。

私は一瞬、ビクっとし、思わず声が漏れます。
「あん。。。」

出会いSNS PCMAX(PCマックス)


そして、キスをしてきました。
私の吐息はすでに荒くなってきています。

部長は私のTシャツを捲り上げました。
ノーブラだった大きな乳房が真昼の光にあたってプルンと揺れています。
私は顔こそ本田翼似のおぼこさが残っているのですが、乳房を含め腰回りからお尻にかけてはグラドル並みの身体つきなのです。
そして、特に乳首の感度はかなり良い方だと思います。

部長はその乳房を揉み、時に敏感な乳首を刺激してきます。
その度に私はビクンビクンと身体を震わせるのです。
「ああっん!ああん。。。」

出会いSNS PCMAX(PCマックス)



部長は乳房を揉み続けながら乳首を吸い始めました。
乳首から子宮にその快感が走ります。
同時に膣がキュッと締まるのがわかりました。
乳房をしばらく愛撫し、次にスカートを捲り上げたのです。

部長は私の、愛液でねっとりと濡れ陰毛が透けているパンツを取去りました。
そして、片足をソファに乗せ、両足を大きく広げると、いきなり顔を埋めてきたのです。

「ダメっ!部長っ!汚いですっ!あああぅん。。。」

部長は私の制止する声を無視し膣口からクリトリスにかけて舌を這わしました。
何度も何度も繰り返し舐め続けます。

クリトリスはツンと立ってきているのがわかりました。
私は自分で乳首を刺激し、股間の快感を増幅させるのでした。
膣口はピンクに充血しているように染まって、ヒクヒクと収縮を繰り返しています。
部長は私の、残っている最後の衣類であるスカートを脱がし、押し倒しました。
私の汗で濡れた裸体がソファに横たわります。

膣のあたりは汗に愛液も混じり鈍く輝いています。

部長も自分自身のワイシャツやズボン等すべて脱ぎ去り真っ裸になりました。
すでに大きく上を突き刺すように立っているペニスが目に入り、私の興奮はより高まりました。

部長が股間に顔を埋めようと私の両足に触れただけでビクンとなりました。
そして、さっきまでの膣へのクンニを再開したのです。

舌先がクリトリスに触るごとに大きく腰をビクっとさせ喘ぎます。
「ああっん!あああぁぅ!!」
膣から大量の愛液が流れ出ているのがわかります。

部長もすでに興奮状態に限界を感じたのかペニスをヒクついている膣口にあてがいました。
そして、躊躇することなくペニスを膣の奥深く埋めていきました。
膣のヒダがペニスに絡みつくように、また膣壁が強い収縮をしながら奥へ奥へと導くように動いているのを感じました。
そして、部長は大きくゆっくりとピストンを繰り返すのです。
私の膣を中心とした下半身はその動きに合わすかのようにうごめいています。
快感も絶頂を迎えてきているのがわかりました。
もうこの時には部長のピストン運動は激しく早くなっています。
強烈な快感が子宮と膣から全身に走りました。
「部長っ!いいっ!イクっ!イクっ!イクわっ!!!イクつううぅ!!!」
私は身体全体を大きく痙攣させ両足を部長の腰に強く巻きつけました。
そして、ペニスが子宮に強く当たったのと同時にペニスから大量の熱い精液が放出されるのを感じました。
「ううっ!!!」
と呻いて部長がイッたのです。

私は放出された精液を子宮の奥深く吸収させるかのようにペニスが完全に埋まっている膣を部長の腰に擦り付けるようにしました。

二人は汗でびっしょりになり重なっています。
しばらく、そのままでぐったりしていました。

しかし、汗と愛液で濡れた下半身を中心としたヌメリが、残っている快感を再度呼び起こそうとしていました。
私が腰をくねらすように動かすと、静まりかけていたペニスがムクムクと大きく硬くなるのを感じるのでした。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)



アダルトブログランキングへ




⑦姉弟相姦・7話「ねぇ?姉ちゃん。これからも僕とエッチしてくれる?」

私と弟の亮は下半身だけ裸でしばらく繋がっていました。
10分ほど放心状態でぐったりしていました。

まだ、特に膣の中にはペニスが入ったままです。
亮は若いだけあって衰えを感じさせません。
私が、ペニスの入ったままの膣の快感で声を漏らしながら腰を少しくねらしました。
「ううっぅん。。。」

すると、見る見るうちに亮のペニスはムクムクと大きくなり、膣いっぱいになりました。
そして、挿入したままで、亮は私の上半身にまだまとっていたTシャツとブラジャーを脱がし真っ裸にしました。

亮も着ていたTシャツを脱ぎ去りました。

二人は真っ裸です。
部屋はエアコンが効いていましたが汗と愛液でびっしょりとなっています。

亮はいったん膣からペニスを抜きました。
どろりと、白濁色の精液と愛液の混ざった液体が私の太腿に流れるのを感じます。

アフィリエイト



そして、私をうつぶせにするとお尻を持ち上げました。
私は両腕と顔をベッドにつけ、お尻だけを突き出す格好をしたのです。

膣口がヒクヒクとしてペニスを受け入れようとしているのを感じました。
「(亮っ!早く入れてっ!!!)」
と心の中で叫んでいます。

亮はじらすことなく直ぐにペニスをバックから挿入してきたのです。
さっきまでの正常位とは違う部分を刺激してきます。
そして、その膣壁はペニスをリズミカルに痙攣するように膣の奥にくわえ込もうとしています。
膣壁の強い締め付けのため、膣とペニスの摩擦はキツイ位でしたが、私の愛液と亮の精液とでヌルヌルのため、それが強い快感として全身を走ります。

亮はパンパンと音をたてながらピストンを繰り返しました。

私はすぐにイキそうになります。
そして、亮がペニスを子宮を奥に押し付けるようにしたと同時に子宮から突き上げるような快感が全身を走り抜けました。
「あああっ!イクっ!イクっ!!またイッうよっ!あああっ!!」

亮も、その時に私の膣にすべて埋め込んでいるペニスをものすごい収縮したのを感じたのか、うめきました。
「ううっ!イクっ!ううっ!」
お尻を上下に大きくガクガクと痙攣させました。
同時に、ペニスはまたも大きく脈打ったと思うとさっきに放出したとは思えないほどの熱い精液を放出したのです。

亮はさすがに動きを止め、私も突き上げていたお尻を下ろすと二人共にベッドに重なり合って身体を投出しました。

二人の息使いは収まっていません。

そして、亮は膣からペニスをゆっくりと抜きました。
未だに収縮している膣壁に快感を感じ、ビクっと震えました。
「ああん。。。」
声が漏れます。

そして、亮はいったん私から身体を離し、横たわりました。
私と亮は向かい合うように抱擁します。

二人はキスをしました。

亮は私の髪の毛を優しく撫でました。
そして
「姉ちゃん、良かった?」と聞いてきました。

「うん。亮、良かったよ。」

私はその亮の表情に愛おしさを感じるのでした。
それは弟としてと年下の男性という複雑な思いです。

しかし、弟との近親相姦ということから普通の男性とは全く違う興奮を味わっていることは間違いありません。
思えば、亮は私が小学校6年生の頃から大きくなってきた乳房を意識していたようです。

私が大学の頃から時々私がお風呂に入っているのを覗いていたことも知っています。

そして、私もそれを嫌とは思わず、むしろ見られることに興奮していました。
私が部屋でオナニーをしているところも何度も見られています。

その度に、亮にわかるように身体をいやらしく亮に視線に向けていたのでした。
亮もそんな私の身体を見ながらオナニーをしていたのを知っていました。

いつか、私たち姉弟はこのような関係になることを予感していたようです。

亮は片手で私の乳房を揉みながら
「ねぇ?姉ちゃん。これからも僕とエッチしてくれる?」
と聞いてきました。
私は
「うん。いいよ。私と亮は他の姉弟の関係とは違うけど、これも私たちの形だよね。」
と、少し無理やりこの関係に正当性を持とうとしたのでした。

亮はまたキスをしてきました。
そして、乳房を揉んでいた手を私の股間に伸ばし、膣口からクリトリスに向かって指でなぞるように愛撫してきました。
さっきまでの体液と新たに興奮してきたための愛液とで指はヌメっています。
「あああっ。。。亮。。気持ちいいよ。。」

出会いSNS PCMAX(PCマックス)



亮の指は膣の奥深く入ってきました。
そして、子宮の入り口を撫でるように刺激をしてきます。
快感が子宮から頭まで突き抜けます。
亮は指を2本入れてきました。
快感は倍増どころか、その指が動くごとにに身体がビクビクと痙攣し、頭の中が真っ白になって意識が遠ざかるような感じです。

亮はその動きを繰り返しました。

私は急激に、それも強烈な快感におそわれました。
「あああっ!亮っ!すごいっ!すごいわっ!!」

亮の指の動きは尚も子宮を刺激し続けました。
私の快感は全身に広がりすでに大きく痙攣しています。

そして、亮の指がぐっと折り曲げられGスポットを強く刺激すると同時に私は大きな悲鳴ともいえる声を発しイクのでした。
「あああっ!!!イクつ!イクっ!イクっ!!ああっ!!イクぅううっ!!!」

私は亮にしがみつき膣を指の根元に擦り付けるようにしてイッちゃいました。

もう、身体中の力が抜けちゃっています。

しかし、亮のペニスはまだ射精していないので大きいまま。
亮は自分でペニスをしごきより硬くすると、私の両足を広げ、膣に入れてきました。

すでに興奮状態ではち切れんばかりだったペニスは挿入と共に「ううっ!」とうめき
大量の精液を放出したのです。

私もぐったりとしているとはいえ膣は快感が残っていたため、その精液の熱さを感じるとまたイッちゃいました。
「イクっ!またイッちゃうっ!ああっつ!イクっ!イクっうう!!!」

そして二人は遠ざかる意識の中で快感の余韻に浸りました。

これまでの行為は、完全に姉と弟との相姦ではなく、女と男のものでしかありませんでした。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)



アダルトブログランキングへ





⑥姉弟相姦・6話「亮っ!イって!口にいっぱい出してっ!」

最近では、私たち姉弟は恋人のようにドライブ、映画や食事と言ったデートを繰り返していました。

私も普通に男性とお付き合いしたことはあるのだけどすっごく物足りませんでした。
でも、弟の亮は違います。

それは禁断の関係ということがより一層の「楽しさ」にを感じさせていたのでしょう。

綾瀬はるか似の私とエグザイルの磐田剛典に似ている弟の亮。
他の人から見れば美人と美男のよいカップルに見えるに違いありません。

今、土曜日の午後です。

両親がいましたが、母に
「亮と出かけてくる。」
と言ったら、なんのためらいもありません。

亮の車に乗り込みドライブに出かけました。

以前は亮もぎこちなさがあったのですが今では普通の姉弟、というか「恋人同士」です。
私の手は亮の膝に置いていました。
時々、股間を冗談めいて触ったりしながら談笑し車を走らせます。

亮は30分ほどどこに行くでもなく車を走らせました。

私は「(早くラブホテルに入ってよ。。)」
と心の中で思っていました。
そして、その後の期待に下半身が熱くなるのがわかります。
さすがに鼓動が早くなってきています。
同時にいやらしい興奮状態にもなってきていました。

アフィリエイト



私の手は亮の膝から股間に移動させました。

すでに亮の股間も興奮状態で硬く大きくなっています。
そのことが余計に私の興奮を助長しました。

亮のズボンのチャックを下げ、大きく硬くなっているペニスを出したのです。
「姉ちゃん、だめだよ。。。」
と言う亮を無視して、そこに顔を持っていきました。
そして、一挙に喉の奥までそのペニスを咥えフェラチオを始めました。
「ううぅん。。うんぐぅう。」

亮はすぐにイキな雰囲気になってきました。

車は郊外を走っていて駐車場の広いコンビニに入りました。
ラッキーなことに車はあまり止まっていなく、亮は焦るように一番端に停めました。

そして、私の頭を持ってフェラチオを助けるかのように上下に動かしました。

私も亮の硬く大きなペニスを咥えているということだけでもの凄い興奮をしていました。
「ああぁん。。。うぐぅうん。。」
フェラチオを繰り返していると亮は我慢できなくなってきたようです。

「姉ちゃん。。。イクっ!イクよっ!!」

「亮っ!イって!口にいっぱい出してっ!」
と言うと吸引力を強めが激しくフェラチオをしました。

その瞬間、亮のペニスはビクビクと脈打ったかと思ったら大量の精液が勢いよく私の口に放出されたのでした。
一瞬放出が止まったように思えたのですが、それでも片手でペニスを摩りながらフェラチオを繰り返すと、また、射精してきたようです。
「ううっん。うぐぅ。。」
一滴も残らないようにペニスを吸い、私の口の中は精液でいっぱいになりました。

亮はシートにもたれかけぐったりしています。
それが愛おしくまた、男性の色気さえ感じさせるたのです。

私は震えるような興奮状態で口いっぱいの精液をごっくんと飲み込みました。
そして、ペニスを掃除するかのように舐めました。

その後、私は亮のペニスをティッシュでふきズボンに収めると
「亮。。良かった?」
と聞きました。
亮は
「姉ちゃん。。。気持ち良かったよ。。」

と言って、周りをはばかることなくキスをしました。

しかし、亮はさすがに私のパンツに手を伸ばそうとはしません。
そうすれば次に車内で起こることが予想されたからでしょう。

亮は車を駐車場から出すと、また走り出しました。

この先に、5分もすればラブホテルがあることは二人は知っていました。

私は何も語りませんでしたが、案の定、車はラブホテルの中に入って行きました。

今日はピンクのTシャツに紺の短いタイトスカートです。
ストッキングはしていませんでした。

ホテルの部屋に入るなり亮は私をベッドに押し倒すと私のスカートを捲り上げパンツをずり下げました。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)



亮の目の前にすでにコンビニ以前から興奮でビショビショに濡れている膣の口がぱっくりと開いています。
そこに顔を埋めてじゅぱじゅぱと吸うように舐めてきました。

「亮。。。気持ちいい。。ああっぅう」
シャワーを浴びていないことの汚さと言う気持ちは大きな興奮状態により消し去られていたようです。

私の膣はヒクヒクとして次の展開を待っているようにうごめいています。
すると、亮は履いていたズボンとパンツを脱いで、すでに硬く大きくなっているペニスを私の膣にあてがったかと思うとすぐにググッと挿入してきたのです。

ペニスはすぐに子宮の入り口に達しました。
膣のヒダがペニスに絡みつき膣壁はきつく収縮しています。

「あああっ!!!亮っ!!イイっ!!イイわっ!!!」

亮は最初から激しいピストンを繰り返します。
その度にパンパンと言う音と私の叫びのような喘ぎが部屋全体に響き渡りました。
「ああんっ!あああんぐぅう!!あんっ!あんっ!」

亮は私のTシャツとブラジャーを捲り上げ乳房を揉みながら、むしゃぶりついています。

そして、私の片足を自分の肩に乗せ、私の膣により深くペニスを押し込むようにするとペニスがより大きくなったように感じました。
亮がそのペニスを子宮に強く擦り付けるようにしたかと思ったら、「ううっ!」と呻き、子宮に大量の熱い液体がかけられるのを感じました。亮が射精したのです。

私も亮の激しいピストンでイキそうになっていたので、その射精を感じると一挙に絶頂に達したのでした。身体全体を上下に大きくガクガクと痙攣させながら、より大きな叫びともとれる声を発しました。
「ああっ!!あああっ!!亮っ!!!イクっ!イクっ!!イクっううっ!!!」

私は亮の肩に乗せていた片足をベッドに投げ出しました。
二人とも息を荒くして汗と体液でびっしょりになってベッドに横たわっているのでした。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)



アダルトブログランキングへ




④「淫乱・女子スイマー」ひであき編・パート2「ああん!入れてっ!早く入れてっ!!」

「僕は今、プールの中で交尾している。。。」という状況にものすごい興奮を覚えていました。

今、麻紀の膣深く大量の精液を放出したにもかかわらず、まだ、僕のペニスは麻紀の膣に挿入されたままです。

ペニスは萎えるどころか、ヒクヒクと絡みつく膣のヒダとリズミカルに繰り返される膣壁の収縮により、またすぐにその硬さと大きさは回復してきました。

麻紀もそれを感じたのか、膣の収縮がより一層きつく、早くなってきました。
そして、その膣はペニスが抜けないようにと膣の奥深く吸引しているようです。
「あああっ!先輩っ!また気持ち良くなってきちゃったぁ!イイっ!イイっ!」
と腰をくねらします。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)



僕も二度目の絶頂を迎えそうになってきました。
麻紀の腰が大きく揺れるごとに、ペニスへの膣壁の摩擦が強まり、快感が増してきます。
思わず僕は言いました。
「麻紀っ!あまり腰を動かさないで。。。またイッちゃうよ。。。。。」

麻紀はそれを止めようとしません。
むしろ、僕のその言葉により一層興奮したようです。
今までプールの壁についていた両手でしたが、右手を僕のお尻に回しペニスをより深く挿入させるために押し付けるようにし、腰を上下左右に大きく動かし始めました。
「先輩っ!いいわっ!気持ちいいっ!ああぅっ!」

僕はもう我慢の限界を迎えました。
「麻紀っ!イクよっ!」

「先輩っ!いいっ!!ああっ!あああっ!!」

膣壁が今まで以上に強烈に締まり収縮を感じると同時に、僕のペニスから2度目の射精をしたのです。
何度もペニスはどくんどくんと脈打って精液を放出し続けました。

麻紀もそれと同時に
「いいっ!イクっ!イクっ!!イッちゃっ!!イクっ!イクっう~っ!!!あああっ!」

麻紀は、また両手をプールの壁につき、身体全体をガクッガクッガクッと痙攣させイキました。

二人はしばらくプールの中で繋がっていました。

そして、ペニスを抜きました。
膣は未だに収縮し続けていて、ペニスを離すまいとしているようです。
その瞬間、麻紀は「ああぅん。。。」と小さく呻き、顔を天井に向け身体を震わすのでした。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)



麻紀の、乳房まであらわになっていた水着姿を元に戻し、水泳のトレーニング以上の脱力感のまま二人はプールから出ました。

そして、麻紀の肩に手をかけ、男性のロッカールームに麻紀と共に入って行きました。

そこには滑らないようにマットが敷かれています。
麻紀はかなりの疲労感だったようなのでバスタオルを敷きその上に横たえました。
両足と両手は全力が受けたようにぐったりとしていました。
濡れた長い髪の毛がいやに艶めかしく思えます。

水着を着ているとはいえ、シルエットから無駄な肉が一切ないのがわかります。
綺麗な手と、ハイレグの競泳水着からむっちりとした太腿を伴うきれいに伸びた足が目に入りました。
膣丘がこんもりと盛り上がっています。

僕はタオルで濡れた身体を拭いてやりました。

顔、首筋、胸、腹部を優しく拭いたのです。
そして、膣丘から太腿にさしかかったところで麻紀の小さく喘ぐ声が聞こえました。
「ああん。。。」

僕はそのまま拭き続けます。

麻紀のきめ細かで透けるようなむっちりとした身体を見ていると、僕は徐々に興奮してきました。

そして、一通り拭き終わると、麻紀にキスをしたのです。

麻紀はすぐに両手を僕の首に回し、激しく唇を吸ってきたのです。
「先輩っ!ううぅん。。。」

僕もより激しいキスを返しました。
二人共にすでに強い興奮状態です。

僕は麻紀の水着を、今プールの中とは違って、今度は全て脱がしました。
今まで水着に覆われていた身体は、それまでとは全く別の芸術品のような艶めかしくもきれいな裸体となって目の前に横たわっています。
身体は上を向いているにもかかわらず、大きな乳房に型崩れはほとんどありません。
薄いピンクの乳輪とツンと立った乳首と共に揺れています。
また、恥部は陰毛の剃られていて、それがかえって恥丘や膣の割れ目をものすごく卑猥に見せていました。

僕も水着を脱ぐとキスをしながら片手で乳房を、もう一方の手で膣の入り口からクリトリスにかけて何度もそぉっと撫で上げました。
膣からは愛液がほとばしるように溢れていて指にヌルヌルと絡みつきます。
それがよりソフトでスムーズな指の動きを助けたのです。

麻紀は膣に絡みついている指を挟むように両足をきつく締め付けます。
僕はその両足を大きく広げるとその中心部である膣口にむしゃぶりつくように舌を這わし、吸い付きました。

思わぬ刺激に麻紀は大きく喘ぎます。
「ああっ!!気持ちいいっ!!ああぅうう!!!」

出会いSNS PCMAX(PCマックス)




ジュバジュバといやらしい音がロッカー室に響き渡りました。
そして、膣に指を入れクリトリスを舌で刺激しだしました。
膣に入れた指にヒダが収縮して絡みつきます。
陰毛のない膣は滴落ちている白濁の愛液でヌメリ光っています。
ひっきりなしに麻紀の喘ぎが聞こえます。
「ああぅうん!あん!!あん!気持ちいい。。。」

僕は、焦って震える手で自分の水着を脱ぎました。
僕のペニスもビクビクと脈打っています。

もう我慢できません。

亀頭をヒクヒクと収縮を繰り返している膣口にあてがいました。
ヌルっとした心地よい感触がペニスの先端から全身に走ります。
最初はその一部だけの膣からの出し入れを味わいました。
麻紀は
「ああん!入れてっ!早く入れてっ!!」
と懇願します。

そして、爆発しそうに硬くパンパンになったペニスをぐぅっと入れたのです。
「あああっああっ!!!イイっ!!ああっっうぅ。。!」
と大きな声を発し、両足を僕の腰にきつく絡めてきたのです。
ペニスを締め付ける膣の圧力がすごくキツくなっていくのがわかります。
また、膣のヒダがペニスの先端から根元まで絡みつき、腰の動きと共に快感は急速に高まってきました。
ピストンをすると子宮の入り口にペニスが触れ、時に奥に押し付けます。
その度に麻紀は大きく呻き膣を収縮させるのでした。
「あん!ああん!!ああっん!!」

「麻紀っ!スゴいよ。。。」

もう僕のペニスは限界でした。

ペニスが、より一層、膣にきつく締め付けられるのを感じた瞬間、一挙に大量の精液をドクドクと子宮にかけたのでした。

麻紀の快感も頂上に達します。
一層、僕の腰に絡めている両足に力を入れ力の限り抱きしめイクのでした。
「イクっ!イクっ!!イクっぅうう!!!」
麻紀の身体は何度も上下に大きく痙攣しました。

二人は汗と愛液、そして精液で身体中びっしょりとなって絡みついています。
麻紀の両足もしばらく僕の腰に絡みつけたまま、放心状態でした。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)




アダルトブログランキングへ



③淫乱・女子スイマー・はるな編・パート2「竹田先輩は私をプール壁面に向かすとハイレグの水着のお尻部分を捲るようにしたのです。」

「あ、大学のロッカーにマンションのキーを忘れたみたい。」

それに気づいたのは一人で夕食をとって帰ろうとした午後7時。
私は大学に戻りました。

結構この時間は他のクラブの部員も残っているのですが今日は静まり返っていました。

ただ、プールに誰かいるようです。

行ってみると竹田先輩が一人黙々と泳いでいます。
いつ見ても素晴らしい筋肉美です。

「あの男性に抱かれたのだわ。。。」
先日の竹田先輩との行為が思い出され下半身が熱くなりました。

プールに行くと竹田先輩は私に気づき、どうして戻ってきたかを説明しました。

「そうなんだね。麻紀、一緒に泳ごうよ。今日はプールには誰もいないし、トレーニングなしに楽しもう。」
先輩は時々、ストレス発散に一人で泳いでいるそうです。

私は水着に着替えると一緒に泳ぎだしました。

昼間のトレーニングのような緊張は一切なく、あるとすれば、ひょっとすれば竹田先輩とあの日のように。。。というような期待で少しドキドキしていたかもです。

しばらく二人ははしゃぐように泳いでいました。

そして、いつの間にか二人はプールのスタート台の下で話していました。

竹田先輩は
「この間は、あんなことになってごめんね。」
と言ってきました。

「いいえ。。。私、うれしかったです。。。。」

と、うつむきながら答えたのです。

すると、竹田先輩は私の顎を少し持ち上げるようにしてキスをしたのです。
「先輩、だめですよ。守衛さんが来ます。」

出会いSNS PCMAX(PCマックス)


「いいんだ。守衛さんはよく知ってんだ。僕がいるときにはこれまでにプールに来たことはない。大丈夫。。。」

竹田先輩はそう言ってキスを続けました。

徐々に私は興奮状態になってきます。
大学のプールと言うシチュエーションが余計にそれに拍車をかけたようです。

竹田先輩は私をプールの側面に私をもたれさせ乳房を水着の上から揉みました。
私は思います。
「(直接、オッパイを触ってほしい。。。)」と。

すると、竹田先輩は私の水着の上部分を肩か外すと下にずりおろしました。
水着できつく覆われていた私の両乳房は弾むように竹田先輩の目の前に、弾むように飛び出しました。

そして、竹田先輩は片方の乳房を揉みながらもう一方の乳房に激しくむしゃぶりついてきました。

私はすでに興奮状態でしたからうめき声を発せずにいられません。
「ああん。。先輩。。。」

しばらく、乳房を愛撫されていましたが、竹田先輩は私をプール壁面に向かすとハイレグの水着のお尻部分を捲るようにしたのです。
「ああっ!先輩っダメですっ!」

竹田先輩は止めようとせず水中に半分露出したお尻と膣を触ってきました。
私の膣からは、プールの中にもかかわらずヌルヌルと愛液が出ているのがわかります。

すると、私の膣に硬いものが触れました。

竹田先輩がペニスを膣口に押し当ててきたのでした。
と思った瞬間、それは私の膣の奥深くめりめりと挿入されていきました。

「あああっ!!!先輩っ!ああぅ。。。」

プールに声が響くのがわかりました。

「(誰かが来るかも。。。見られちゃう。。)」
という恥ずかしさが余計に興奮を助長しています。

私の恥ずかしさを無視するかのように竹田先輩はピシトンを繰り返します。

私はプールの側面に手を突き、無意識のうちにお尻を突き出すようにして竹田先輩のピストン運動を受け入れていました。

ベッドでの行為とは全く違う興奮に膣はヒクヒクとしてペニスを咥え、離すどころか奥へと吸い込むような動きを繰り返しています。
その度に膣とペニスの摩擦が強くなり、より快感が増すのがわかります。

竹田先輩も、リズムよくペニスに絡むように収縮を繰り返す膣に思わずうめき声を発しました。
「麻紀。。。すごいよ。。。すごく締まっている。気持ちいい。。。」

竹田先輩の動きが激しくなってきました。
私も頂上目指して快感が増幅しているのを感じています。

そして、竹田先輩はピストンのストロークを大きくしたかと思うと、ペニスを子宮にぐりぐりと押し当てるようにして沢山の熱い精液を放出したのです。
「ううっ!麻紀。。。」

私もその大量の精液の熱さを子宮いっぱいに感じると一挙にイキました。
「あああっ!イクっ!イクっ!イクっ!イクよっ!!イクっううっ!!!」
私は、プールに水しぶきが上がるくらい、身体全体を大きく痙攣させました。

竹田先輩はペニスを下から突き上げるようにし、私を抱きしめ両手で乳房を掴んでいます。

私に膣は精液を一滴も逃さないようにペニスを未だに収縮しながら奥に導いているようにうごめいていました。

竹田先輩の硬く大きなペニスは私の膣にまだすっぽりと完全に入ったままです。
「麻紀。。。気持ちいいよ。まだピクピクなっている。すごいよ。」
と余韻の快感を味わっているかのようです。

私も快感の余韻どころか、またそれが大きくなってこようとしているのを感じました。
そして、さっきよりもお尻を突き出し、ペニスをより深く、膣に押し込めるようにしました。
膣の収縮も、いったんは収束しそうになりましたが、またぞろ、より一層のきつくリズミカルな動きになってきています。

竹田先輩のペニスも射精したにもかかわらず一切萎えることなく、むくむくと、より固くなってきているのがわかったのです。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)



アダルトブログランキングへ





sidetitleえっちな小説ですよsidetitle
sidetitle創作官能小説一覧sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle女性専用sidetitle
DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)
sidetitle女の子のための動画sidetitle
女性向けアダルト動画
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleポチ、してね。。。sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
バナー2
sidetitle明日花キララちゃんsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle