FC2ブログ

①OL美和の行為・1話「私は課長のグロスとそして唾液でピンク色に光った艶めかしい唇。。。」

「はい。。すみません。。。」
また私は松原課長に叱られちゃいました。

私、高木美羽と言います。
某証券会社で営業の仕事をしています。今年、大学を卒業に入社してきました。

ビジュアルは、自分で言うのも何なのですが、良い方じゃないでしょうか。
顔はタレントの本田翼に似てると言われていたんです。
身長160㎝、スリーサイズは92・60・87です。
大学のころは結構男子には人気がありました。

ところで、松原課長は直属の上司ですっごく怖いんです。
45歳、独身なんです。

でも、美人で米倉涼子な感じです。
そうなんですよ、女性の管理職です。

職場では、陰でお局さんと呼ばれているそうです。

今日は金曜日。
「高木さんっ!来週の予定が出ていないじゃない!いつもそうね。全く。。。私はこれで帰るけど予定表は今日中に私の机の上に置いておくのよっ!」」

と言って自分はさっさと帰って行きます。

「す、すみません。。。すぐに持ってきます。。」

と言いながら、心の中では
「(あんな言い方ないでしょ?ほんとに。自分はさっさと帰って。勝手なもんよね。)

と思いながらも

「お疲れ様でした。」と言わざるを得ませんでした。

いつもこんな感じなんです。
なんか、私ばっかり怒られているみたいで、ずるいです。
私、もともと天然で、おっとりしていててきぱきと仕事できていないのは自覚してるんですけどね。
でも、そんなに怒らなくってもいいんじゃない?と思っています。


予定表を書いたり、残務処理をしていたらもう9時になってしましました。
私はワンルームマンションで一人暮らしだからいいんですけどね。
でも、そんなに怒らなくってもいいじゃない?と思っているんですよね。

会社を出て、いつもは家で料理を作って食べるんですがこの日は外食で済ましました。

夜の街を帰宅するために歩いていると、向こうから松原課長が歩いてきました。

そしたら松原課長、驚いたように、私の顔を一瞬じっと見つめ
「あ、高木さん。お疲れ様。。」

「松原課長、お疲れ様です!」
と元気に挨拶しました。

「高木さん、食事はこれから?」

「いいえ。もうさっき、食べてきました。」

松原課長は
「そうなんだ。そうだ、高木さん。私のマンションすぐそこなの。お茶でも飲んでいきなさい。」

私は
「(あああ。嫌なんに捕まっちゃった。。)」
と思いながらも
「はい。ありがとうございます。」

と言って松原課長のマンションに行くことになりました。


結構高そうなマンションで、部屋も広いリビングがあり、すごくゴージャスです。


松原課長はお茶と言っていたのにビールを持ってきました。
あまり、私、強くないけど、少しだけならとごちそうになったのです。

あまり、会話することもなく、ゴージャスな部屋を「(いいなぁ。。。)」と眺めながらビールを飲んでいました。

結構ビールを飲んじゃったみたいです。

私、お酒が入ると攻撃的になるんです。


それと、ちょっぴりエッチにも。


「松原課長、私って気に入らないですか?」
「なんで、私ばっかり怒るんですか?」
「私、気になるんですけど!」

と、これまでのうっぷんをこれでもかこれでもかというくらい言っちゃいました。

松原課長は
「そうなの?ごめんね。」

と、か細い声で言います。


なんか、松原課長が弱気になってくると、
私、変な気持になってきているのがわかりました。

松原課長の視線もなにか虚ろになってきているのがわかります。
会社とは全く違います。

だから余計に、その弱弱しいまなざしを見ていると、会社とのギャップに、私、徐々に興奮してきました。
松原課長も私と同じ感じになっていると思いました。

息が荒くなっています。

私の膝の上に手を添えてきました。

私は、ビクっとします。

そして、キスをしてきました。

吐息がアルコールのにおいは感じないで、何か甘い香りがしました。

私も全く拒む気持ちじゃなかったのです。
むしろ、松原課長に抱きついて唇を貪ったのです。

下と舌を絡ませる濃厚なキスです。
こんなキス、今までに経験したことはありません。

そして、松原課長は上半身裸になりました。
45歳というのになんというきれいな肌と乳房なんだろうと思いました。

「高木さんも脱いで。。。」

私も上半身裸になりました。

そして、お互いの乳房を揉み合います。

松原課長はかなり昂ぶってきてソファに倒れこみました。
と、同時に乳房が弾みます。

「きて。。。」

と私を誘いました。

私は松原課長の乳房を揉みながら乳首を咥えたのです。
ビクッと身体を震わし声を漏らしました。

「ああっ。。。いい。。」


私はそのグロスと唾液でピンク色に光った艶めかしい唇、視線が定まらない表情を見ていると、すごく興奮してきました。

そして、私は下半身も脱いじゃいました。

松原課長も焦るように全てを脱ぎすてました。


私は松原課長の股を広げると、その中心に向かって顔をうずめました。

そこにはすでに体液でヌルヌルになった膣がピンクの口を広げていました。
何故か、陰毛がきれいに剃られています。

それが余計に私の興奮度を増させました。


すでにピクピクと動いている膣の入り口からクリトリスに向かって優しく執拗に舐めました。

「ああっ。。いいわ。。。気持ちいいぃ。。。」

指をゆっくりと膣の中に挿入させました。

「ああっ!!!いいっ!!」

と言って腰を振るのです。

私はクリトリスを舐めながら指を膣壁を擦るように刺激しました。
最初は一本だった指を二本挿入し、より激しく刺激しました。

「あああっ!!このままだったらイッちゃう。。。高木さんも私の口まで持ってきて。。。」

と私のお尻を自分の方に向けシックスナインの形で膣を舐め始めました。

強烈は快感に思わず叫ぶように声を出しました。

「あああっ!!!課長っ!!いいですっ!!!気持ちいいっ!!!」


もう、二人はお互いの膣を口で貪ぼりあい、指で激しく刺激し合っていました。



そして、徐々に二人は頂上を迎えるのです。


「あああっ!!ああっ!!!イクっイクっイクっ!!ああっっ!!!」

「いいっ!!気持ちいいっ!課長っ!!!イクっ!!イクイクっ!!!」


二人とも大きく全身を痙攣させイッたのです。



今思えば、私に対する会社での仕打ちも、今日、街で会った時にはっと私を一瞬じっと見つめたのも、前から私にいやらしい興味があったからではないでしょうか。

特に会社ではそれを悟られないように、あのような仕打ちに出ていたのでしょう。

「(でも、これから、どうなるのかしら?)」

これからも良好な上司と部下の関係が保てるのかとちょっぴり不安になったのでした。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)






アダルトブログランキングへ


②OL美和の行為・2話「「ああっ!!ああん。。。気持ちいいです~。」

「松原課長って、素敵だわ。。」
とうっとりと、ついつい、その容姿に目が行きます。

元々ビジュアルが米倉涼子ばりによく、スタイルがいいとは思っていたのですが、度重なる仕打ちに嫌なところしか目がいってなかったんです。
ただの部下をいじめる嫌なキャリアウーマンくらいにしか思ってませんでした。

それが、先日、松原課長のマンションでの出来事以来一変しました。
彼女のぞくぞくするような妖艶さとてきぱきと仕事をこなす姿が憧れに変わり、何よりも私の「愛する人」に変わったのです。

あの日からもう一週間経ちました。

私は残務整理を集中していました。

そして、ふと時計を見ると夜の8時を回っています。

で、周りを見ると数人しか社員がいません。

その数人も

「お先失礼します。」
と、帰って行きました。

私のオフィスでは金曜日はできるだけ早く帰るように営業部長から言われていますから、営業の部署とはいえ皆早く帰るのです。

で、「一人だ?」と思っていたらドアが開き松原課長が入ってきました。

「なんだ、高木さん。まだ帰ってなかったのね?」

「はい。。。残務整理に時間がかかって。。もう少しかかりそうなんです。」

「そうなのね。お疲れ様。」
と言って意味深な笑みを浮かべました。

以前なら、また叱られる、とはらはらしていました。

でも、恋人のように微笑みを返しているのです。
ドキドキしていますが、それは以前のような圧迫されるような緊張緊張からではありません。
先日の、あのすごかった二人を思い出したのです。
「(私ったら、会社でいやらしいこと考えてる。。。)」
とより一層、胸の鼓動が早くなるのでした。

少し、顔が赤くなっている、と思っていたら、ドアのあたりで松原課長が私を呼びました。

「高木さん。ちょっと来てくれる?」

私は、何かこの間のようなことを期待しましたが「(さすがに社内では無理だわ。)」とも思っていました。

そして、松原課長は、私が来るのを待ってドアを開け歩いていきます。
私も後ろを付いていきました。

そしたら、松原課長、トイレに入って行くのです。

私は

「えっ?」

と不思議に思いますが、ちょっぴり期待をしたのです。


そして

「おいで。。。」

と言って二人はトイレの個室に入ったのです。

私を優しく壁に押し付けるとキスをしてきました。そして、乳房を揉んできたのです。
結構、私の中で期待していて、変な妄想もしていたからすぐに興奮してきました。
「ああん。。課長。。」

松原課長は
「可愛いわね。。。高木さん。。」

と言って口の中に舌を入れてきました。
そして、私の下をおいしそうに吸うんです。

身長は松原課長の方が10cmほど高かったのでまるで男女の行為のようです。

私のブラウスのボタンをゆっくりとはずします。そして、ブラジャーをとって便器の上に置きました。

私の乳房は社内のトイレの明かりにさらされます。
もうすでに乳首はピンと立っています。
松原課長はその乳首を撫でるように刺激を加え、うっとりするようなキスを続けます。

膣からは愛液がすでにじわっと出てきていました。

私はその場に崩れそうになりました。

そして、私のスカートをまくり上げすっとキングをとり去り、パンツを下げて片足だけを抜きました。
その片足を便器にかけさせたのです。

すると、松原課長はそのまましゃがみこんで私の膣に顔を持ってきました。


「ああん。。。課長。。こんなところでダメですよ。。。」

「いいのよ。誰もいないわ。」
声が震えているのがわかります。
松原課長もすごく興奮しているんです。

と言って膣の入り口を舐めてきました。

と大きな声を出しそうになりましたが、両方の手のひらで口で押え何とかこらえました。

「あぅううっ。。ん。。」

クリトリスにも舌を這わしています。
すごく、すごく気持ちがいいんです。

思わず両手を松原課長のきれいに手入れされた髪の毛をつかむように頭に持っていきました。

「ああっ!!ああん。。。気持ちいいです~。」

松原課長はなおもクリトリスを舐めて指を膣の奥に入れていました。
もう、私は何が何だかわかんなくなってきました。

「ああぁん。。。あん。あん。あん。。。」

そして、徐々にその快感は頂上に走って行きます。

指の動きも早く、激しくなってきています。
その指がぐっと曲げられクリトリスの裏側を押さえつけられると、そこから全身への大きな快感でガクガクと震え、イッたのです。


そして、松原課長はそのまま立つと、また、私にキスをしてきます。
唇は唾液と私の愛液とでぬるぬるでしたが、汚いとは全く思いませんでした。

むしろ、そのぬめりが私の唇に心地よく感じられます。

そして、私の口の中に唾液をたくさんの唾液を入れてきました。
私はそれを吸い取るようにすすります。

松原課長は息がすっごく荒くなっています。

そして、焦るようにパンツとパンストを脱ぐと、私の手を自分の膣に持っていきました。

松原課長の膣口から愛液がいっぱい溢れ出てきています。
もう大量すぎて指に粘膜を感じないくらいです。

「ああっ!あああっ!!いいっ!!もっと強くしてっ!」

次は松原課長が便器に足を置いて大きく股を広げて喘いでいます。

「高木さんっ!!上手よっ!ああぅうっ!!!」
と何かおなかの奥の方から出ていると思うような太い声です。

私の指の動きとシンクロしているかのような腰使いです。

松原課長も私のヌルヌルになっている膣の入り口に手のひらをべっとりと押し付け上下左右に擦っています。

私も猛烈に興奮してきています。二度目の頂上は近いと感じました。


そして、二人、もうじき向上に達しようとしているのがわかりました。
大量の、愛液ともお小水ともいえない液体が、二人の膣から太腿にかけて流れているのが見えます。

松原課長は
「イクっイクっ!!ああっ!!いいわっ!イクつイクっ!!イク~っ!!」

と叫び

私も

「課長っ!気持ちいいっ!!ああっん!!イクっイクっイクっ!ああっ!イクっイクっ。。。」

と顎を突き出し、二人とも長い髪の毛を振り乱して、同時に果てたのです。



しばらく、ここが社内のトイレであることが忘れ去られるような快感でした。
二人、抱き合って、キスをします。

松原課長は私の髪の毛を優しくなでてくれています。
少し恥ずかしかったけど松原課長の優しさがうれしく、身体を寄せました。

時計を見るともう9時を大きく回っています。

本来は、早く出なきゃ、と思わなくてはならないのです。
でも、それ以上に、さっきの快感がすごくって、その余韻にもう少しこのままこの場にいたいと思うのでした。


アダルト動画:みかの動画



出会いSNS PCMAX(PCマックス)



アダルトブログランキングへ



⑥スキ者同士・6話「自転車のサドルの刺激で、恥ずかしいけど。。」

今日は午後から私の家に絵里が来ることになってます。
先日、絵里が電話で「家族で旅行に行ってきたから、その写真を見てっ」

て言うから、
「家においでよ。」ってことになったのです。

「じゃ、今日は自転車で行くわ。」


しばらくすると玄関のチャイムがピンポーンって鳴りました。

「絵里だわ。」

玄関を開けると、絵里が立っていました。

「(さっき、電話では元気そうだったのにどうしたんだろ?)」

と思ったけど何も聞かずにリビングに通したの。

絵里、ソファに座ってハンカチで汗をぬぐっている。

何か、疲れた様子。

「(きっと夏の日差しを浴びて疲れたんだわ。)」

「絵里、ビール飲む?」

「ありがとう。頂くわ。」


そして、私も絵里の横に座り、二人でビールを飲みだしました。

「(冷たいビールでも飲んだら、元気を取り戻すでしょ。)」
と思いました。

ビールを飲みながら、絵里が持ってきた写真をああだこうだと言いながらいろいろとおしゃべりしたの。



「そっかぁ。絵里、楽しかったんだね。私もどこか旅行に行きたいわ。」

「裕子も行けばいいじゃない。」

「だめよ。主人は仕事が忙しく、休日でさえ家にいないんだから。」


そこで、少し沈黙です。

やっぱり、絵里、なんかおかしい。

思い切って聞いてみました。

「絵里、さっきからなんかしんどそうなんだけど。大丈夫?」


そしたら、ぽっと顔を赤くして

「ううん。な、なんでもないよ。」

首をふって、焦ったように言います。

「やっぱり、おかしいよ。私、何か絵里に失礼なこと言ったのかな?ちょっと心配。」

私が責任を感じてるといったふうに言ったものだから、絵里は

「違うよ。そうじゃないんだ。」

「じゃぁ?」

と問い詰めたように聞いた。
本当に心配だったんだから。

「裕子、あのね。。。自転車、こいでたらね。。。」

「うん。」

「サドルが私の大事なところにあたって。。。それが刺激になって。。。」

次は私がぽっとなっちゃった。

「裕子、なんかさぁ。先日の卓也さんとのことがあってから、私、おかしいの。」

私は声をひそめて

「どうおかしいの?」

と顔を下から覗き込むように聞いたの。

絵里は

「毎日のように、卓也さんと裕子と、私との、あの日のことを思い出すの。。。そして、今日も朝からそのことばかり考えていて。。。写真を見せたかったこともあるけど。。。裕子に会いたいなって。。」

「そうなんだぁ。。。」

「で、自転車のサドルの刺激で、恥ずかしいけど。。気持ちよくなっちゃった。。。」

私は絵里が愛おしくなってきて下から覗き込むように

「いじゃない。あの時はヨカッたんだから。。。」

と意味を含んだ笑みを浮かべ言いながら、絵里の肩に手を添えたのです。


私も実は、あの日の出来事が忘れられなく、毎日のようにオナニーをしていたんです。

そのことをおくびにも出さずに絵里を慰めると同時に、私もなにか下半身がきゅんとしてきているのがわかります。

絵里の耳元で息をかけるように

「絵里。。。大丈夫よ。。」

と言うと絵里の身体がビクッとしました。

二人とも、少し、息が荒くなっているのがわかります。


そして、絵里の耳たぶをそっと舐めました。

絵里は小さく喘ぎます。

「ああん。。。」

「絵里。。。」

その時に、二人のいやらしいモードにスイッチが入ったようです。


私は絵里をソファに横に鳴らすとキスをしました。

最初はソフトにしていましたが徐々に激しくなっていきます。

その頃には二人は息を一層荒くしてお互いの唇を貪りました。
興奮度は一段と増してきています。

「絵里。。ううん。。。うう。。。ん」

「ううぅうん。。。あうんん。。裕子。。。」

私は絵里の胸に手を持って行って、ポロシャツの上から絵里の乳房を揉みました。

ポロシャツの上からでも乳首の位置はわかります。

絵里は私の手が乳首にあたるごとに身体をビクンとさせました。


私は唇を離し

「絵里、口を開けて。。。」

と、絵里が口を開けると、私の口いっぱいになっていた唾液を、その中にだらぁあっと落しました。

絵里はそれをおいしそうに飲み込んでいるのでした。

唾液って媚薬なのかしらと思うくらい、絵里はすごく興奮してきています。

「あああ。。。あうん。。ああぁあ。。」

と目をうつろにして感じています。


私もすでに膣からあふれる体液でパンツがべっとり濡れているのがわかりました。

もう、二人は我慢できないくらいにまで興奮しています。

私は着ていたものを下着も含めすべて脱ぎ去りました。
絵里も同時に素っ裸になったのです。

絵里の乳房は子供を産んだとは思えません。垂れることなく、また興奮しているピンク色の乳首はツンと立っています。

私は、お椀のような形をした張りのある乳房を揺らしながら、絵里に抱きついていきました。

絵里はソファに上向きになり私を待ちます。

彼女は私より長く、ジムで身体を鍛えているため、素晴らしい身体をしています。
腹筋も脂肪がついていません。

また、身体は上を向いているのにもかかわらずなく、乳房は形を崩していないのです。

「すごい。。きれい。。。」

と思わす言っていました。


私は絵里の上になり乳房をゆっくりと揉みながら乳首を舐めました。

「ああっん。。裕子ぉん。。。」

「絵里。。。きれいだわ。。。。。」

そして、片方の手を絵里の膣に持っていったのです。
そこはすでに絵里のあふれるように出ている体液でヌルヌルとしています。

その体液を指でかき分けるようにクリトリスを刺激しました。


「ああっ!!!裕子ぉっ!!気持ちいい。。。」

私もすごく興奮してます。


お互い、もう少し刺激を強めたっら頂上に上っちゃうくらいにまで昂ぶっています。

絵里の顔に私の膣をあて、私も絵里の膣口からクリトリスをクンニしました。

「ああん。。。裕子。。いいわ。。。」

と艶めかしく言いながら絵里もクンニで返すのでした。


そして、どちらからともなく膣の中に指を入れあったのです。

「裕子っ!!!いいっ!!あああぁうん。。」

「絵里っ!!!絵里っ!!感じるわ。。。ああんっ!!!」


二人は体液とよだれで顔をびしょびしょにしながらクンニを続けていました。

その動きが激しくなります。


そして、絵里が膣に入れている指をぐっと折り曲げ、それがGスポットを強く刺激しました。

「ああっ!!!絵里っ!!!イクっ!イクっ!!」

私も絵里と同じように指でGスポットを激しく擦り付けました。
膣がヒクヒクとして指を締め付けています。

私の膣もリズムよくヒクついているのがわかります。

そして

「裕子っ!!!ああっ!!!いいっ!!気持ちいいわっ!!!イッちゃう!イッちゃう!!!イクっうううっ!!!」



二人は同時にイッいました。

あの日、卓也さんと私たちが味わった強烈な快感がよみがえったのでした。


出会いSNS PCMAX(PCマックス)








アダルトブログランキングへ


sidetitleえっちな小説ですよsidetitle
sidetitle創作官能小説一覧sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle女性専用sidetitle
DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)
sidetitle女の子のための動画sidetitle
女性向けアダルト動画
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleポチ、してね。。。sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
バナー2
sidetitle明日花キララちゃんsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle